不動産売却成功のポイント

納得のいく不動産売却を行うには、お客様ご自身のご要望をしっかりと決めておくことが重要となります。ご要望によって最適な不動産売却方法は異なります。不動産売却方法を決める際に、もっとも基本的な要素は「高く売りたい」のか「早く売りたい」のか、2つのポイントです。

高く売りたい【仲介売却】

​不動産を可能な限り「高く売りたい」方には、仲介売却をおすすめしております。不動産会社は、より高く売却できる買い主様をお探しします。不動産売却を行う際に多くの方がご利用されている方法になります。

​早く売りたい【不動産買取】

不動産買取とは、売り主(お客様)が売却したい不動産を、不動産会社(買い手)が購入する形の方法になります。仲介に比べて売却価格が低くなる可能性がありますが、短期間での売却ができるのが特徴です。

自分に合った売却方法が大切です

売却する時に必要な諸経費

仲介手数料

不動産を売却する際に「仲介売却」の場合、仲介手数料が発生します。仲介手数料とは、不動産会社が買い主様(不動産を購入したい方)と売り主様(不動産を売りたい方)を引き合わせ、取引が成立した際に売り主様が仲介した不動産会社に支払う報酬になります。
仲介手数料は「成功報酬」になっているので、仲介売却を依頼しても取引が成立しなかった際には、仲介手数料は発生いたしません。

登記費用

金融機関などを利用してローンを組んで購入した不動産の場合、抵当権というものが設定されています。売却した不動産で得たお金をローン返済に充てる場合、抵当権を解除するために「抵当権抹消登記」が必要になります。この手続には、登記費用が発生いたします。登録免許税は1,000円ほどになりますが、司法書士や土地家屋調査士に登記手続きを依頼する際に報酬の支払いが必要になります。

繰り上げ返済手数料

不動産を購入した時のローンを完済してから売却する場合、金融機関によっては「繰り上げ返済手数料」が必要になるケースがあります。不動産を購入した際に利用したローンに繰り上げ返済手数料がかかるのか金融機関に事前に確認しておきましょう。

その他の諸費用

売却する不動産に住んでいる場合、住み替えにかかる引っ越し費用や売却するためにのリフォーム費用・ハウスクリーニング費用など、売却する際の状況によっては様々な費用が発生します。売却する際に自分の場合どのような費用が発生するのか、依頼する不動産会社にしっかりと相談しておきましょう。

定で評価をされるポイント

不動産を高く売るには、いくつかのポイントが重要になります。


ここでは、売却物件のロケーションを中心に高く売るためのポイントをご紹介しております。好条件のポイントが少なくても不安にならずにまずは不動産会社にご相談ください。売却物件の高く売れそうなポイントを把握することで、よりよい取引を実現することに繋がります。

査定で評価されるポイント

売却物件の周辺に、公共の交通機関や商業施設、病院、学校、などの施設があると高評価です。

周辺環境

POINT 01

南向きのひな壇の土地や日当たりのいい場所は高評価になりやすいです。

日照条件

POINT 02

長方形の土地は設計の自由度が高いため高評価。変形地や狭小地では建物の設計に制約が生じるため評価は低目になります。

土地形状

POINT 03

​幅員が4メートル以上の道路に面していると高ポイントです。

間口・幅員

POINT 05

売却する土地に不要な建物や廃棄物などが放置れていると土地の評価が下がります。

状態

POINT 06

得のいく不動産売却を目指すには

不動産売却は最終的には売り主であるお客様ご自身の決断によって決まります。不動産会社は、お客様がしっかりと判断、決断できるように全力でサポートするのが役目となります。不動産売却を検討する前に、お客様にも不動産売却にかんする知識を身につけていだだくことで、売却の際によりスムーズに進めることが可能です。